よくある質問

岐阜市、柳津、笠松の交通事故治療、ムチ打ち、日曜日も営業うかい整骨院へ

よくある質問

2016年10月26日 よくある質問 0


Q.駐車場はありますか?
A.現在はイオン柳津店に移転したため無料駐車場があります。
Q.整骨院と接骨院はどう違うのですか。
A.整骨院、接骨院共に、柔道整復師が施術にあたる治療機関であり、 名称の違い以外は、同じです。
◆よく疑問に思われ方もいると思います。
整骨院と接骨院ですが、ほとんど同じです。
双方とも「柔道整復師」という国家資格を持っております。
厚生労働大臣認可の専門学校や大学で専門知識を学び、卒業時に国家試験の受験資格が与えられます。
学校を卒業するだけではとれるものではなくて、国家試験に合格しないと柔道整復師を名乗る事はできませんし、患者さんに施術を行う事もできません。
柔道整復師には健康保険を使用しての開業権が与えられております。他にも整形外科のリハビリやスポーツ施設、介護施設などで活躍している人も大勢います。
柔道整復師は骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の施術のエキスパートです。
ですので、整骨院か接骨院で選ぶというより、医院の考え方や相性によって考えられた方が良いと思います。
(マイベストプロ岐阜 うかい整骨院コラムより)
Q. 接骨院ではどのような症状が対象ですか?
A.骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等です。
例えば日常生活やスポーツプレー中の足首、膝、肘、腰、首等の捻挫や、打ち身、肉離れ等の幅広い外傷が対象となります。
Q.怪我をしたばかりのときは冷やした方がいいですか?温めたほうがいいですか?
A.怪我をしたばかりは以下のことを守ってください。
捻挫の急性期の治療で一番大切なことはRICE(ライス)です。
    R(Rest) --------------- 安静
    I(Icing)--------------- 冷却
    C(Compression)------------ 圧迫
    E(Elevation)------------- 高挙
急性期に治療を開始された方が、回復が早いですので出来るだけ早めにご来院ください。
Q.初診の場合、何が必要ですか?
A.保険証をお持ちください。各種受給者証をお持ちの方はお持ちください。
Q.服装はどんな格好で行けばいいですか?
A.手足の治療の場合は手足が出しやすい格好がいいですが、こちらでも着替えもご用意しておりますので、気楽にご来院ください。
Q.予約は必要ですか?
A.予約は必要ありません。来院された順番に施術を行いますので、いつでもお気軽におこしください。
Q.治療はどのくらい時間が掛かりますか?
A.混雑状況にもよりますが、40分=55分くらいです。
  
Q.保険は使えますか?
A.国民保険、社会保険、組合保険、自賠責保険(交通事故)、労災保険などが使えます。
  子ども医療費助成制度などの助成制度もございます。
  *保険が使えない場合もございますのでお気軽にお問い合わせください。
 
Q.交通事故での保険は使えますか?
A.はい、交通事故(自賠責保険)の場合は窓口負担金はかかりません。
交通事故の治療も出来ますのでまずはご相談ください。
★交通事故治療、むち打ち
交通事故治療
◆まずは安全の確認
まず周りの安全、相手がいるのなら、相手の方の安全を確認します。車も安全な場所に移動させましょう。 おっとその前に、深呼吸をして落ち着きましょう。(できるだけ・・・)
◆連絡
軽微な事故でもまずは警察に電話しましょう。当事者同士で示談にするとのちのちトラブルになるケースがあります。 後から痛みがでてきた・・とか 保険が適用されないなど。まずは警察に連絡しましょう。通報では、場所、時間、負傷者の有無などを聞かれます。
◆相手がいる場合は相手の確認名前、住所、日中の連絡先(携帯電話番号など)、車のナンバー、車種、損害状況、任意保険の会社名など。また、事故の状況など記録や証拠になるものをしっかり確認しておきましょう。
◆保険会社への連絡対人事故の場合、事故発生から60日以内に通知を行わないと、保険金が支払われない場合があります。
◆病院でレントゲンやMRIなど診察をうけましょう!
精神的にも動揺していますし、身体の防御反応から、その場は痛くなくても、後から痛くなることや、実は骨折していたということも少なくありません。大丈夫なようでも、一度医師の診察を受けておいたほうがいいでしょう。その際、医師の診断書、治療費用などの領収書もとっておきましょう。
◆接骨院・鍼灸院に通いたい場合は・
はじめにかかった病院しか通えないとか、病院の併用はいけないと思われていますが、接骨院や鍼灸院へかようこともできます。相手の保険会社に通いたい病院、接骨院、鍼灸院などをしっかりと伝えましょう。